コスズメとヤブガラシ

 今日ピエトラ日高オフィスの駐車場に「コスズメ」の幼虫がいました。

ちょっと大きめのイモムシです(画像もあるのですが、嫌いな方もいるかもしれないのでBlogの最後で紹介します)。

コスズメといっても小さな雀ではなく、羽を広げると6〜7㎝程の大きめの「ガ」です。

同じコスズメの幼虫でも緑色のモノと、茶色のモノがいるのですが、今回は茶色の個体でした。しっぽのような尖った部分がありますが、尖った部分も柔らかく、毒を持っていたりもしないので安全(?)なイモムシです。

私はイモムシ、ケムシは嫌いな方ですが、この幼虫は見慣れるとちょっと可愛いです(是非本文最後の画像を観てみてください。愛嬌あります)。

コスズメの幼虫は、曲者雑草の「ヤブガラシ」を好んで食べるのでヤブガラシの生い茂っている草むらなどに生息しています。ピエトラの横の空き地にもヤブガラシが繁殖しているのでコスズメの幼虫には打って付けの場所です。

ヤブガラシ2

ヤブガラシ↑

ピエトラのお客さんにもヤブガラシに苦労している方が多数いらっしゃいます。

地下の根(地下茎といいます)でどんどん広がっていくので本当に厄介です。

抜こうとしても根の途中でちぎれてしまったり、日陰の抜きにくい所から芽を出していたり・・・結局残った根からまた増えてきます。

対処法としては正攻法で、根が出てきたら抜く、出てきたら抜く・・・を繰り返して地下茎の養分が無くなって果てるのを辛抱強く待つのが得策です(除草剤という方法もありますが、やはりあまりオススメはしません)。

ただ。あまり知られていないようですが、実はこのヤブガラシ、、、

食べられるんです。

ヤブガラシ

食べられるんです!!

そういう私もそれを知ってから結構経ちますが、、、まだ食べたことがありません。

だってちょっとエグそうじゃないですか。見るからに。

でも、なかなか美味しいらしいです。

食べられる部分は、若芽から柔らかめのツル先を摘み取って食べるようです。

ちょうど先端の若干紫がかった部分あたりですかね。

しっかりと塩茹でして、一晩ほど水にさらし使用するとアクが抜けて良いようです。

若干とろみがあって、マヨネーズ、三杯酢などと合わせたり、ミョウガと和えても美味しいようです。

是非試してみてください。

では、いよいよそんなヤブガラシが大好きな「コスズメ」の幼虫さんの登場です。

虫系が嫌いな方は閲覧注意です。↓

IMG_3267

どうですかこのフォルム。「風の谷のナウシカ」のオームを彷彿とさせます。

IMG_3266

新幹線のようでもあります。

IMG_3268

ちょっと写真ボケちゃってますが、ちょっと可愛くないですか?

ってそんな大げさなもんでもないですね。

失礼しました。。。

********************************************************************************************************************

<ガーデン&エクステリアデザイン、ガーデニング、外構工事、剪定、お庭のお手入れ>

        自然のあるライフスタイル

            Landscaping,Exterior

                                    cutflowers,green&more…

                                  株式会社ピエトラ

                           〜 Slow Life Garden 〜

     日高オフィス      〒350-1247 埼玉県日高市高岡132-5

     自由が丘デザインlab   〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-27-15-401

********************************************************************************************************************